■プロフィール

くーたろう2号

Author:くーたろう2号
奈良で自然栽培を目指して頑張るある男の奮闘記

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■占い

■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■ブログ内検索

■RSSフィード
■友達申請フォーム


miyamaefarm

ホームページはこちらから


平成25年度産 自然栽培米 販売開始致します!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
保育園デビュー
今日は 娘の保育園のデビューの日でした。

2時間程だったらしいのですが

最初にあずける時に大泣きしたのと

迎えに行った時にママの顔を見て泣いたそうです。

間はそれなりに やっていたみたい。

当分 慣らし保育ですね。


DSCF0757_convert_20110310220715.jpg




スポンサーサイト
育児 | 22:08:18 | Trackback(0) | Comments(0)
硝酸態窒素の予防対策
硝酸態窒素の予防対策として探していたところ

このような文章があったので引っ張ってきました。



まず、『季節外れの野菜を食べたがらない』ということである。

旬以外に出荷するものはどうしても肥料をたくさんやらないといけないので、

結果的に硝酸態窒素も多く残ってしまうのだ。

次に、『野菜は茹でてしまう』ということ。硝酸塩は水溶性なので、

茹でてしまえば水に溶け出す。かさも減ってたくさん量を食べられるから、

結果的にビタミン類も多く取れて一石二鳥である。

また、硝酸塩・亜硝酸塩はハム・ソーセージ、蒲鉾などの加工食品にも、

発色剤として添加されている。

したがって、これらの食品も茹でることで安全に食べられる。

また、実野菜は硝酸性窒素をほとんど使い切ってしまうので、

それほど心配する必要はない。


ということです。

うちでなかなか作れない野菜などにお世話になることは多々あるので

その時は子どもの為にも少し工夫して食したいものです。






育児 | 22:14:21 | Trackback(0) | Comments(0)
乳幼児に
この間硝酸態窒素について触れたので

我が家にも乳幼児がいるのでブルーベビー症候群(突然死)

について考えたいと思います。



欧米では、離乳食に含まれる野菜の硝酸態窒素が、

ブルーベビー症候群の原因ではないか

と言われ始めていています。

人が硝酸性窒素を多量に摂取すると、

一部が消化器内の微生物により還元されて、

体内に亜硝酸態窒素として吸収されます。

亜硝酸態窒素は血中でヘモグロビンと結合してメトヘモグロビンとなります。

メトヘモグロビンは酸素運搬能力がないため、

体内の酸素供給が不十分となり、酸欠状態となります。

乳幼児ではブルーベビーの原因となり死亡する場合もあります。



乳幼児を持つ親としては心配なことです。

畑もやりだしたばかりで、めっちゃ少ないので、野菜を我が家で

まかなう事ができません。予防対策を考えたいと思います。


長くなってきたので、予防対策は次回に書くことにします。






育児 | 21:41:29 | Trackback(0) | Comments(2)
お雛さんが来ました。
1月の下旬に京都のみ彌けというお店で

買って頂いたお雛さんが出来上がったということで


今日届きました。

早速、飾っておきます。

DVC00003.jpg

おお~ いい感じ~~~




育児 | 21:39:40 | Trackback(0) | Comments(0)
食育
こんなのがありました。

し……しっかり食べることは元気の基本

よ……よく見て、かいで、きいて、かんで味わって食べよう

く……工夫して環境にやさしくしよう

い……「いただきます」感謝の気持ちでマナーよく食べよう

く……ぐんぐん元気。体を動かそう。


こういうことも踏まえて、娘に食育をしていきたいと感じました。




テーマ:子育て - ジャンル:育児

育児 | 21:11:18 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。